2種類ある肘を肩線分に入れるタイミング [12:15]

このレッスン動画を再生するにはサブスク登録とログインが必要です。 ログインしていない場合、再生ボタンを押すと入力フォームが表示されます。

[再生ボタン]
2種類ある肘を肩線分に入れるタイミング

今回のビデオでは肘を肩線分に入れるタイミングに関してレッスンをしています。タイプとして2種類あって、肩甲骨を横運動で使っているか、縦運動で使っているかによって入れるタイミングが変わってきます。内野手や捕手をメインにやりながら投手もやるという選手の場合、肩甲骨を横運動で使っているケースが多くなります。一方投手専任でプレーしている選手の場合、肩甲骨を縦方向にも使える選手が多くなります。

肩甲骨を横運動で使う選手の場合はテイクバック付近、縦方向でも使える選手はトップポジションで肘が肩線分に入る形が最もオーソドックスで、タイミングと動作に違和感が生じなくなります。ご自身が肩甲骨をどのように使っているのかを調べながら、そしてメインのポジションも踏まえながら、肘を肩線分に入れるタイミングを考えてフォームづくりをしてみてください。

12:15 / 85.8MB

レッスン担当:カズコーチ/プロフィール
レッスン動画公開日:

動画コード:P019
IDとパスワードを入力しても再生できない場合は、お手数ですがこちらのフォームより動画コードをお知らせください。

🗒 472本のレッスン動画のもくじ

無料サンプルレッスン動画

次回のレッスン動画は2023年2月6日(月)に公開予定です。

動画はストリーミング再生のみを目的としており、ダウンロードは不可となりますので、 不正にダウンロードされないように十分ご注意くださいませ。 ログ履歴からの不正ダウンロードや、オンライン・オフライン問わず二次利用が発覚した場合、 法的手段を取らせていただく場合がございます。

TeamKazオンデマンド野球塾について

サブスク解除