リーディングアームを使わずに投げてしまった際の弊害 [10:01]

このレッスン動画を再生するにはご視聴登録とログインが必要です。 ログインしていない場合、再生ボタンを押すと入力フォームが表示されます。

🎥 登録なしでご視聴いただける無料レッスン動画はこちらのページでご視聴ください。

[再生ボタン]
Pリーディングアームを使わずに投げてしまった際の弊害

今回のビデオでは、リーディングアームをまったく使わずに投げてしまうと、体がアンダーハンドスローの使い方になってしまい、球速が低下するだけではなく、肩肘も痛めやすいということについてレッスンをしています。

アンダーハンドスローで投げる前提で、体がアンダーハンドスローの使い方になっている分にはまったく問題はありません。しかしキャッチボール投げや、普通の投げ方をしている際に体がアンダーハンドスローの使い方になってしまうと、パフォーマンスが低下するだけではなく、怪我もしやすくなるため注意しましょう。

10:01 / 41.7MB

レッスン担当:カズコーチ/プロフィール
レッスン動画公開日:

動画コード:P146
IDとパスワードを入力しても再生できない場合は、お手数ですがこちらのフォームより動画コードをお知らせください。

🗒 498本のレッスン動画のもくじ

動画はストリーミング再生のみを目的としており、ダウンロードは不可となりますので、 不正にダウンロードされないように十分ご注意くださいませ。 ログ履歴からの不正ダウンロードや、オンライン・オフライン問わず二次利用が発覚した場合、 法的手段を取らせていただく場合がございます。

TeamKazオンデマンド野球塾について